少年が少女に捧げたアリア「星の旋律」


少女に対する恋心を抱いた少年は自作の歌を少女に披露する。



この優しく甘美な曲を聴いた少女も少年に対する淡い恋心が芽生える