クンストラーハウス




おじさんのアリア 「何よりもまして」


少年と少女が楽しい秋の散歩を終えた後、少女の自宅に2人が戻ったところで


少女のおじさんが少年に対して、「君の夢は何?」と尋ねる。


すると、少年は「僕の夢は音楽家になること」と答え、おじさんが、その夢を叶えるようにと、このアリアを歌う。