Loading...

STAFF

紗井六耀

    紗井六耀

    Rokuyo Sai

    紗井六耀(本名 市田 聡)
    1953年京都市に生まれる。13歳の頃より楽曲制作活動を始める。その頃、特にボブディランやウッディーガスリー、ピートシーガーなどのフォークソングに傾倒し、かつジャズやクラシック音楽など幅広く愛好していた。
    当時、作曲した音楽はいわゆるフォーク調であったものの音楽性は単調でなく特有の世界を持っていた。
    作曲活動は20歳位まで続け約40曲ほどを書き上げたが、その後は、医学の道に進み大阪大学病院から国立循環器病センター(現 国立循環器病研究 センター)において長らく臨床検査技師として心臓病診断検査に従事していた。
    学位(医学博士)取得後、心臓病看護教育活動を開始し、現在、心臓病看護教育団体の会長を務めている。心電図や心臓病診断看護に関する著書が多く あり、特に「心電図のハート先生」として全国の看護師を始めとした医療関係者に、その名は広く知られている。

    ただ、ここ最近の音楽状況に憂いを感じ改めて楽曲制作活動を再開し、特に、ピアニスト平野実貴との共同作業でさまざまな作品を制作している。
    なかでも、脚本も音楽も全てがオリジナルのオペラ「夢」は、多くの音楽愛好家から絶賛されている。